遉セ蜷榊、画峩縺ョ縺顔衍繧峨○

遉セ蜷榊、画峩縺ョ縺顔衍繧峨○

繧ュ繝ェ繝ウ蜊泌柱繝輔シ繧コ譬ェ蠑丈シ夂、セ縺ッ2014蟷エ11譌・縺ォ縲シュシ」繝輔シ繝峨せ繝壹す繝」繝ェ繝繧」繝シ繧コ譬ェ蠑丈シ夂、セ縺ォ遉セ蜷阪r螟画峩縺励∵眠縺励¥繝帙シ繝繝壹シ繧ク繧帝幕險ュ縺縺溘@縺セ縺励◆縲
縲莉雁セ後ッシュシ」繝輔シ繝峨せ繝壹す繝」繝ェ繝繧」繝シ繧コ縺ョ繝帙シ繝繝壹シ繧ク繧偵#隕ァ縺上□縺輔>縲
http://www.mc-foodspecialties.com/

 

5遘貞セ後↓閾ェ蜍慕噪縺ォ遘サ蜍輔@縺セ縺吶

ニュースリリース

協和発酵フーズとキリンフードテックの事業統合について
〜2009年4月に合併新会社「キリン協和フーズ」を設立し、食品事業でのシナジー最大化を目指す〜

2008年4月28日
協和発酵フーズ株式会社(社長 吉田武之、以下協和発酵フーズ)、キリンフードテック株式会社(社長桂総一郎、以下キリンフードテック)、協和発酵工業株式会社(社長 松田譲、以下協和発酵)、キリンホールディングス株式会社(社長加藤壹康、以下キリンホールディングス)は、2008年4月28日、キリングループと協和発酵グループが保有する食品事業の統合について基本合意に達し、本日基本合意書を締結しました。

両グループは、昨年10月に戦略的業務提携を発表して以降、事業統合や連携について検討を進めてきました。今回、協和発酵フーズとキリンフードテックを合併して事業統合することで、食品事業でのシナジー創出による事業価値の最大化と市場プレゼンスの向上を実現し、おいしさや健康を訴求した食品素材をアジア・オセアニアを中心としたお客様に提案・提供していくことを目指します。

協和発酵フーズとキリンフードテックは、2009年4月1日に協和発酵フーズを存続会社とし、合併新会社キリン協和フーズ株式会社(以下キリン協和フーズ)を設立します。新会社は、2010年末までは協和発酵とキリンホールディングスの合弁会社として運営しますが、2011年1月1日に協和発酵が保有する新会社の全株式をキリンホールディングスに譲渡することで、キリンホールディングスの完全子会社となります。なお、新会社の合弁比率は、今後行われる両社の価値算定に基づき決定される予定です。

新会社キリン協和フーズは両社の強みである発酵関連技術を基盤に、おいしさや健康を訴求した食品素材を提案・提供することで、キリングループ長期経営構想「キリン・グループ・ビジョン2015」(略称:KV2015)で掲げる「食と健康」領域での飛躍的成長を実現する重要な一翼を担う事業会社として新たにスタートします。キリンフードテックの酵母エキスやインドネシア工場で今年3月から生産を開始した核酸系うま味調味料リボタイド、協和発酵フーズが国内トップブランドの地位を築いている天然調味料や醸造調味料と製パン用資材など、両社の幅広い製品領域をベースに、お客様ニーズに応える価値提案型の事業運営を推進することで、アジア・オセアニアにおける食品素材業界のリーディングカンパニーとして確固たる地位を確立します。

協和発酵グループとキリングループは、今回の食品事業の統合にあたり、お互いの強みを生かしたシナジーの最大化を図り、企業価値のさらなる向上を目指します。

協和発酵フーズとキリンフードテックの事業統合の概要

1.新会社「キリン協和フーズ」(合併後の存続会社) 会社概要

(1)会社名
キリン協和フーズ株式会社
英文名:Kirin Kyowa Foods Company, Limited.
(2)所在地
東京都品川区東品川二丁目2番8号 (スフィアタワー天王洲 16・17階)
(3)代表者
代表取締役社長 桂 総一郎
 

2.協和発酵フーズ株式会社 会社概要

(1)会社名
協和発酵フーズ株式会社
英文名:KYOWA HAKKO FOOD SPECIALTIES CO.,LTD.
(2)所在地
東京都千代田区大手町一丁目6番1号
(3)代表者
代表取締役社長 吉田 武之
(4)売上高
433億円(2008年3月期・連結)
(5)資本金
30億円(2008年3月期・連結)
(6)主要株主
協和発酵キリン株式会社(持分比率100%)
(7)設立年
2005年4月1日
(8)従業員
586人(2008年3月31日現在・連結)
(9)事業内容
調味料、製菓・製パン資材等の製造・販売
(10)主要製品
エキス系天然調味料、アミノ酸系天然調味料、発酵調味料、うま味調味料、中華ソース、ダイヤイースト、ゴールデンアロー、たまごスープ
 

3.キリンフードテック株式会社 会社概要

(1)会社名
キリンフードテック株式会社
英文名:Kirin Food-Tech Company, Limited.
(2)所在地
東京都中央区新川一丁目17番24号
(3)代表者
代表取締役社長 桂 総一郎
(4)売上高
272億円(2007年12月期)
(5)資本金
50億円(2007年12月31日現在)
(6)主要株主
キリンホールディングス株式会社(持分比率100%)
(7)設立年
2002年4月1日
※2007年4月に武田キリン食品から社名変更
(8)従業員
261人(2007年12月31日現在)
(9)事業内容
加工用、業務用、家庭用調味料、その他食品添加物の製造・販売
(10)主要製品
リボタイド、ビール酵母エキス酵味、カードラン、いの一番、サネット
 

4.協和発酵キリン株式会社(連結)概要

(1)売上高
3,921億円(2008年3月期・連結)
(2)当期純利益
234億円(2008年3月期・連結)
(3)資本金
267億円(2008年3月31日現在)
(4)従業員
6,073人(2008年3月31日現在・連結)
(5)事業内容
医療用医薬品、医薬・工業用原料、ヘルスケア製品、石油化学製品、食品素材などの製造・販売
 

5.キリングループ(連結)概要

(1)売上高
1兆8,011億円(2007年12月期・連結)
(2)当期純利益
667億円(2007年12月期・連結)
(3)資本金
1,020億円(2007年12月31日現在)
(4)従業員
27,543人(2007年12月31日現在・連結)
(5)事業内容
酒類、飲料、医薬品、健康・機能性食品などの製造・販売
 

今後の組織体制

2009年4月1日に、協和発酵フーズとキリンフードテックは協和発酵フーズを存続会社として、合併する。なお、新会社は2010年末まで協和発酵とキリンホールディングスの合弁会社として運営される。2011年1月1日にキリンホールディングスは、協和発酵保有の新会社全株式を買取り、新会社はキリンホールディングスの完全子会社となる。(合弁比率は、今後行われる価値算定結果に基づき決定される。)
事業構造図(2008年10月1日時点)
事業構造図(2008年10月1日時点)
事業構造図(2011年1月1日時点)
事業構造図(2011年1月1日時点)
ニュースリリース

このページの先頭へ戻る

遉セ蜷榊、画峩縺ョ縺顔衍繧峨○

遉セ蜷榊、画峩縺ョ縺顔衍繧峨○

繧ュ繝ェ繝ウ蜊泌柱繝輔シ繧コ譬ェ蠑丈シ夂、セ縺ッ2014蟷エ11譌・縺ォ縲シュシ」繝輔シ繝峨せ繝壹す繝」繝ェ繝繧」繝シ繧コ譬ェ蠑丈シ夂、セ縺ォ遉セ蜷阪r螟画峩縺励∵眠縺励¥繝帙シ繝繝壹シ繧ク繧帝幕險ュ縺縺溘@縺セ縺励◆縲
縲莉雁セ後ッシュシ」繝輔シ繝峨せ繝壹す繝」繝ェ繝繧」繝シ繧コ縺ョ繝帙シ繝繝壹シ繧ク繧偵#隕ァ縺上□縺輔>縲
http://www.mc-foodspecialties.com/

 

5遘貞セ後↓閾ェ蜍慕噪縺ォ遘サ蜍輔@縺セ縺吶